HOME
Apogee光量子センサー
Apogeeスペクトロメーター
LufftデータロガーOPUS200
バンダリーレイヤー
Lufft道路センサーGMA
Lufftドップラー雨量計
土壌水分センサー
葉面温度センサー
E-mail
レーザー視程計 Laser Fog Sensor  SE-VE5000
測定項目 アナログ出力 デジタル出力
降雨量 0-5V  0...20mm/時 0.001又は0.03mm/1ユニット
降雪量 0-5V  0...20mm/時 0.001又は0.03mm/1ユニット
雨滴平均計 0-5V  0...5mm 0.001mm/1ユニット
視程計 0-5V  0...5000mMOR 1mMOR/1ユニット
視程計データ
レーザー視程計・降水計・降雪計    SE-VE5000
視程計降雨降雪計 視程計 視程計降雨降雪
※上記仕様は予告なしに変更する場合がございます。予めご了承の程お願い申し上げます。
HOME  ▸BACK  ▸PAGETOP

株式会社セネコム
〒332-0032 埼玉県川口市中青木1-1-25  Tel 048-242-0770  Fax 048-242-0771
資料請求・お問い合わせはこちらまで⇒ E-mail info@senecom.co.jp    ©Senecom,Inc
デジタル出力例
4500,36,0,2595
     
4500: 視程距離 4500m
36:  降雨量 36μm
0: 降雪量 0
2595: 雨滴平均粒径  2595μm
視程範囲 アナログ出力20m~5000m(5V =5000m) デジタル出力20m~10km
電源/消費電流 12VDC(11-15VDC) 200mA(ヒーターなし60mA)
デジタル出力 RS232、1200、8N1、ASCII、120秒間演算データ
アナログ出力 0...5V、出力インピーダンス1kΩ
環境温度 -20~+50deg C
レーザー出力 5mW以下
レーザー周波数 650mm
ハウジング IP65防塵防水仕様 アルミ材 Oリング使用
寸法/重量 120×120×81mm
この後方散乱方式レーザー視程計はマイクロプロセッサが内蔵されており、アナログ出力をコントロールしています。出力は2分間のデータを基に演算され2分毎にデータは最新されます。
レーザー視程計SE-VE5000はレーザー光による後方散乱方式で霧や雨、雪のような異なった水粒子を分析するために開発された気象センサーです。小型軽量で移動観測にも使用でき防塵防水構造になっています。データはアナログかRS232Cにより気象学的情報としてmm/時やMORで出力されます。
概要
■速い応答速度:60秒間測定演算したデータの出力
■視程:視程距離はメートル表示
■降雨/降雪:別々に表示
■雨量/降雪量はmm/時で出力されます
特徴1(転倒ます雨量計との比較)
■降り始めからの降雨降雪量がわかります
■0.001mm/1バケットから測定 転倒ます雨量計の測定時間、バケット量の変更ができます
■雨と雪を区別
特徴2(光学式センサーとの比較)
■超小型で約1Kg 
■低消費電力 
■低温時の光学系に対するヒーターが低消費電力