本文へスキップ

Sensor Network Communication

株式会社セネコム 

TEL. 048-242-0770

〒332-0032 埼玉県川口市中青木1-1-25

|IceCube氷晶比表面積測定装置 小型積雪比表面積計測システム A2 Photonic Sensors社 日本総代理店

IceCube氷晶比表面積測定装置-日本総代理店セネコムA2 Photonic Sesors社 IceCube(アイスキューブ)氷晶比表面積測定装置SE-ICA2は小型積雪比表面積計測システムとして任意の雪や氷をサンプルとして独自の光学システムにより、氷雪中の氷晶の比表面積(SSA)を測定することができます。比表面積を測定することで、積雪の化学的、気候学的な影響を観察することができます。最大の特長として、フィールドでの短時間セットアップ・使用することができ雪上などの場所でもご使用いただけます。
IceCube小型積雪比表面積計測システム-日本総代理店セネコムIceCube小型積雪比表面積計測システム-日本総代理店セネコム■瞬時測定がおこなえます
■極地地域などの野外や研究室内での使用も可能です
■広範囲な計測域で。氷晶の比較なども安全手軽におこなえます
■他のSSA計測方法と比較しても、正確で信頼のできる結果が得られます
【計測理論について】
IceCube氷晶比表面積測定装置には3つのステップがあります。
1、雪のサンプルにフォトダイオードを用いてコントロールした光を照射する。
2、独自の補正曲線を用いて、計測した光の反射光へと解析します。
3、独自のモデリングシステムからSSAに変換します。
※照射波長について:1310nmの波長域は反射光として観測する場合最も安定した波長を採用しています。
※氷雪のサンプルを取り込み、観測値を表示するためのデジタル表示器が付属しています。
※SSA(Specific Surface Area:比表面積):比表面積とはある物体の単位質量あたりの表面積をあらわします。紛体や多孔質物質の特性をあらわすのに使用されます。単位はm2/gで、この値が大きいほど粒子は細かくなります。SSAは雪の微細組織を特徴づける重要な変数です。
IceCube氷晶比表面積測定装置‐セネコム IceCube氷晶比表面積測定装置小型積雪比表面積計測システム‐セネコム IceCube小型積雪比表面積計測システム‐セネコム IceCube小型積雪比表面積計測システム‐セネコム IceCube小型積雪比表面積計測システム‐セネコム IceCube小型積雪比表面積計測システム‐セネコム
IceCube小型積雪比表面積計測システム‐セネコム IceCube氷晶比表面積測定装置小型積雪比表面積計測システム‐セネコム IceCube氷晶比表面積測定装置小型積雪比表面積計測システム‐セネコム IceCube氷晶比表面積測定装置小型積雪比表面積計測システム‐セネコム IceCube氷晶比表面積測定装置小型積雪比表面積計測システム‐セネコム
■ICECUBE氷晶比表面積測定装置 小型積雪比表面積計測システム 
型式:SE-IS3基本セット ※IceCube本体 1台
※校正用標準反射板 6枚
※サンプルキット 1式

サンプラー 1個
雪へら 1個
サンプルカップ 2個
ブラシ 1個
仕様
観測精度 5≦SSA≦130 [m2/Kg]
動作温度 -40℃以上
データ計測時間 1秒以下
計測不確定度 最大±10%以下
照射波長 1310nm
バッテリー寿命 12時間(バッテリーオプションで異なる)
重量 8kg
サイズ 29×29×40cm
型式:SE-BASIC 1年保証
オプション
型式:SE-PO-P 低温用蓄電池
型式:SE-OC 収納/輸送用専用ケース
型式:SE-PO-D 長時間使用予備電源
※上記仕様は予告なしに変更する場合がございます。予めご了承の程お願い申し上げます。
HOME

ナビゲーション

   

バナースペース