本文へスキップ

Sensor Network Communication

株式会社セネコム 

TEL. 048-242-0770

〒332-0032 埼玉県川口市中青木1-1-25

|植物工場 ICT AI iot 次世代スマート農業システム Vegetory21

Vegetory21は農業システムとして特に栽培域の環境(温度・湿度(飽差)・気流・光・根域)を重視した植物工場です。システムには人工光栽培型(水耕栽培 ミスト・NFT・DFT・点滴)と太陽光利用型(土耕栽培、ミスト栽培、点滴栽培)また併用型があります。
■人工光型:近年の異常気象による栽培への影響を受けることなく、また、その地域の気象状況に影響されることなく野菜ニーズに応じて同じ味・同じサイズ・同じ量を決められた期間に提供できます。
 コンテナ型、廃校(教室)利用型、閉鎖工場利用型などスペースに応じて多段式(4~14段のキャットウォーク型)大型施設まで対応可能です。更に植物を成長させる為の太陽光に代わる人工光は弊社が開発した光合成機能を高める植物専用の温度に配慮した高輝度、長寿命設計型LED光源を使用しています。 栽培品目は葉物野菜(レタス系、ホウレンソウ系等)を初めハーブ、パクチー等から高機能植物(薬用植物)など各種栽培が可能です。
 
■太陽光型&併用型ハウス:
太陽光を利用した葉物野菜はもちろんの事、トマト、パプリカ、メロンなどの結実野菜等ハウス栽培域環境を重視しICTによる高効率栽培を考え小型から大型設備まで各種水耕栽培(ミスト・NFT薄膜型水耕法・DFT湛液型水耕法・点滴)に対応したシステムを提供しています。更に気象状況による日照不足などの影響で光エネルギーを多く必要とする植物に考慮した人工光併用型など、植物専用LEDを付加したシステムにより光量子センサーを用いて光エネルギーをコントロールシステムが利用できます。
↓↓↓↓↓ 弊社事例 ↓↓↓↓↓
植物工場 ICT AI iot 次世代スマート農業システム 植物工場 ICT AI iot 次世代スマート農業システム 植物工場 ICT AI iot 次世代スマート農業システム 植物工場 ICT AI iot 次世代スマート農業システム 植物工場 ICT AI iot 次世代スマート農業システム
植物工場 ICT AI iot 次世代スマート農業システム 植物工場 ICT AI iot 次世代スマート農業システム 植物工場 ICT AI iot 次世代スマート農業システム 植物工場 ICT AI iot 次世代スマート農業システム 植物工場 ICT AI iot 次世代スマート農業システム
■植物育成の為のセンシング 
次世代型農業は、専門的知識を持った農業従事者の知識をデータ化し新規農業参入者が対応できるシステムを構築することで共通認識をもって高品質農業を行うことができます。
栽培用各種センサー CO2センサー
葉面温度センサー
果実生長センサー
クロロフィル測定センサー
光量子センサー
日射センサー
UVセンサー
分光光度計スペクトロメーター
光合成測定装置
赤外放射温度計
樹液流測定センサー
茎径生長センサー
ネットワークロガー
気象センサー(温度、湿度、風向、風速、日射、降水量など)

環境コントロール 植物工場のマネジメント
栽培環境コントロール
植物診断自動化リモートセンシング
栽培データネットワーク 植物工場は栽培管理が重要です。ライフサイクルを的確にマネージメントすることで安心で安全な野菜をユーザーへお届けする経営基盤を強固にします。堅実な栽培者ほど組織内でのコスト削減によるスリム化と、対外的なアピールを同時に行うことができ、これらの基となることが栽培データのネットワーク化です。
※上記仕様は予告なしに変更する場合がございます。予めご了承の程お願い申し上げます。
HOME ▸BACK

ナビゲーション

   

バナースペース