本文へスキップ

Sensor Network Communication

株式会社セネコム 

TEL. 048-242-0770

〒332-0032 埼玉県川口市中青木1-1-25

土壌風食(飛砂衝撃)測定装置 SE-H14LIN SE-TM-FP5

土壌風食(飛砂衝撃)測定装置は風食状況を調査する上で非常に効果的な役割を果たします。360°各方向からの飛砂が機器上部にあるセンサー感部に当たることにより、その衝撃情報を運動エネルギーとしてとらえます。データロガーと組み合わせ風食調査等に必要なデータを長期間にわたり収集することができます。

土壌風食(飛砂衝撃)測定装置H14LIN-セネコム 土壌風食(飛砂衝撃)測定装置H14LIN-セネコム 土壌風食(飛砂衝撃)測定装置H14LIN-セネコム 土壌風食(飛砂衝撃)測定装置H14LIN-セネコム 土壌風食(飛砂衝撃)測定装置H14LIN-セネコム 土壌風食(飛砂衝撃)測定装置H14LIN-セネコム 土壌風食(飛砂衝撃)測定装置H14LIN-セネコム 土壌風食(飛砂衝撃)測定装置H14LIN-セネコム 土壌風食(飛砂衝撃)測定装置H14LIN-セネコム 土壌風食(飛砂衝撃)測定装置H14LIN-セネコム
土壌風食(飛砂衝撃)測定装置 SE-H14LIN SE-TM-FP5
型式 SE-H14LIN(棒) SE-TM-FP5(小型)
粒子数 データ出力は1粒子に対してCOMS/TTLコンパチブル
運動エネルギー
Kinetic energy(KE)
感部への衝撃のエネルギーとして表されます。
パルス Pulseheightanalysis(PHA)
砂粒子衝撃エネルギーに影響を与えている個々の振幅で変化しています。 砂粒子衝撃パルス1ms
TTL/CMOS
データ RS232Cにより連続出力されます。
PHA(energy)-variable pulse height
GAIN-1X,10X
電源 12VDC 70mA
感度選択 1X,10X(open collector w/<10Kpull up resistor)
センサーサイズ
底部径 6.3cm 長さ 20.3cm φ40mm
上部ポスト径 26cm 長さ 14cm ケーブル長6m
センサー感部 23cm 長さ 1.2cm
Top of base to center of crystal 長さ7.8cm
ケーブル径 0.5cm 長さ 7m
キャンベルロガー CR10X,CR510 ,CR23Xご使用の場合は専用プログラムを使用できます。
※上記仕様は予告なしに変更する場合がございます。予めご了承の程お願い申し上げます。
HOME ▸BACK

ナビゲーション

   

バナースペース