■出力はアナログ・RS485・SDI-12の3機種
■同時測定:土壌水分・土壌塩分・土壌温度
■早いセンサー応答速度
■キャリブレーション不要
■コンパクト・頑丈・メンテナンス不要
■誘電率・土壌水分・導電率の精度は土壌校正定数の1つによって改善されます
HOME
E-mail
【気象観測機器】土壌水分・土壌塩分・温度計測システム     
小型で頑丈なSE-400土壌水分センサーは土壌温度、土壌塩分濃度を測定することができます。これらの要素を測定することによって特に土壌表面の土壌水分勾配の大きいエリアを正確に測定します。センサー応答速度は土壌水分変化に対応しキャリブレーションを必要としません。
仕 様    
プローブ 14.2cm×Φ4.2cm 約7mケーブル
センサー感部 5.7L cm×Φ3.0cm(円筒状測定域)
電源 7V〜20V(推奨12V)20mA Max40mA
動作温度 4cmΦ×12.5cm
アナログ出力 4ch各2.5V又は5V
1...3chは導電応答、含水量、土壌塩分のデータ要素
4chは土壌温度。ソフトによるデータ解析処理
誘電率 1...65 1=エアー 78=蒸留水 ±1.5%
土壌水分 完全乾燥〜完全飽和 ±0.03
土壌塩分 0...20dS/m
土壌温度 -10...65℃
BACK
PAGETOP
HOME

Copyright(C) 2001-2017 SENECOM CORPORATION All Right Reserved.
株式会社 セネコム
〒332-0032
 埼玉県川口市中青木1-1-25
Tel 048-242-0770 Fax 048-242-0771
資料請求・お問い合わせはこちらまで→E-mail info@senecom.co.jp